家づくり工房HB.N

大阪・和歌山の注文住宅なら 家づくり工房HB.N | 高気密・高断熱

お問い合わせはこちら Instagram

高気密・高断熱

高気密・高断熱住宅で「夏涼しく、冬暖かい」家に

AIRTIGHT AND INSULATED HOUSE

家づくりを検討していれば多くの方が耳にするであろう「高気密・高断熱」という言葉。

何となく知ってはいても、具体的にはよくわからないというケースも多いでしょう。このコラムでは、高気密・高断熱住宅のメリット・デメリット、会社選びのポイントを解説します。

正しい知識を得て、1年中快適な住まいを実現してくださいね。


高気密・高断熱住宅とは?

高気密住宅では、家中の隙間を限りなく少なくすることで室内外の空気の出入りを防ぎます。冷気や熱気など外気の影響を最小限に抑える効果が期待できます。

また高断熱住宅は、建物の外皮の断熱性を高めることで室内外の熱の出入りを防ぎます。魔法瓶のように室内の温度を一定に保つことで、温度変化の少ない住環境が維持できるのです。

両方の性能が組み合わされることで、「夏涼しく、冬暖かい」1年中快適な住まいが実現できます。

高気密・高断熱住宅のメリット

①1年中快適な室温を保てる

メリットはなんといっても1年を通して快適な室内温度が維持できることです。

近年は温暖化の影響もあり、室内での熱中症も後を絶ちません。日本は1年の温度変化も非常に大きいため、高気密・高断熱住宅の重要性は今後ますます高まっていくでしょう。

 

②ヒートショックのリスク回避につながる

温度の急激な変化によって血圧に負荷がかかり、重篤な症状を引き起こすヒートショック。

一般的にヒートショックは浴室などで起こるケースが多く、部屋ごとの温度差が要因となっています。

高気密・高断熱住宅では、LDKや廊下、浴室やトイレに至るまで一定の温度に保たれやすいため、温度差の不快感もなく健康的な生活を送ることができます。

 

③大幅な省エネを実現できる

外気温の影響を受けにくく、室内の空気を逃がしにくい高気密・高断熱住宅は、少ない消費エネルギーでも十分に快適な室内温度を保つことができます。

冷暖房効率を高めることができれば、ランニングコストの大幅な削減を実現できるでしょう。

高気密・高断熱住宅のデメリット

①初期費用が高い

高気密・高断熱住宅を建てるには、性能の高い断熱材などの材料費、必要な条件を満たすための施工手間を要します。そのため、一般的な住宅を建てるよりも初期費用が高くなる傾向にあります。

しかし光熱費を大幅に節約でき、代えがたい快適性が手に入るため、長期的なトータルコストで見れば決して高いとは言い切れないという考え方もあります。

 

②適切な換気が必要

高気密・高断熱住宅は密閉された空間を作り出すため、換気システムを計画的に設置することが必要です。

換気に問題がある場合、以下の不具合を引き起こす可能性が高まります。

  • 建物内部の結露
  • 汚染物質やニオイが溜まる
  • 二酸化炭素濃度が高まる
  • シックハウス・アレルギーのリスクが高まる

 

また、高気密・高断熱住宅は外気の湿った空気が入りにくく乾燥しやすくなったり、基礎断熱(気密パッキン工法)による床下の換気の確保などが問題となります。この点の対応として、第一種換気という全館換気システムの導入を検討すべきとなりますが、こちらは一般的な換気システム(第三種換気)よりも初期費用が掛かってしまうというデメリットもあります。

高気密・高断熱住宅を建てるための会社選びのポイント

高気密・高断熱住宅を建てるためには、性能の高い材料を使用するだけでなく、高い技術と丁寧な施工が必要になります。

正しい施工が行われなければ、気密性や断熱性が十分に発揮されません。施工会社の選択には十分注意したいところです。

実績の有無だけでなく、営業者(設計者)と施工管理者との連携がきちんととれているかが非常に重要です。知識が豊富で、不明点をなんでも丁寧にわかりやすく説明してくれる担当者がいる施工会社を選びましょう。

まとめ

高気密・高断熱住宅では、1年を通して快適な室内環境が整います。

夏場2階に上がったときのモワッとした暑さも、冬場震えながら向かう浴室の寒さも、もはや無縁のものとなるでしょう。

 

大阪・和歌山で注文住宅を手掛ける家づくり工房HB.Nでは、ZEH基準を大きく超えるHEAT20 G2相当の断熱性能を基本仕様としています。(高気密・第一種換気のついてはご予算に応じたプランニングをご提案)

1,000万円台というローコスト住宅でも、高い性能を持たせることは十分に可能です。高性能住宅のデメリットとなる建築コストを可能な限り抑えたご提案をいたします。

「コストも性能も妥協したくない」とお考えの方は、ぜひHB.Nにご相談ください。

事務所概要

ACCESS

家づくり工房HB.N

所在地
〒599-0236
大阪府阪南市桃の木台5丁目12-10
お問い合わせ先
info@homebuilder-n.net
※営業やご案内のご連絡はお断りいたします。
営業時間
9:30 〜 18:00
定休日
土曜日・日曜日・祝日
設立
2001年(西畑建築コンサルタント事務所・管理関係検査書類作成事務所)
取引企業・官公庁
株式会社大林組、鹿島建設株式会社、和歌山県、湯浅町

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。